海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月11日デイリー版2面

国内船主の今】(296)投資ジレンマとFFA。中型バルカー対象、JOLCOと競合

 「新造カムサマックス(バルカー)の船価が1隻当たり4000万ドル(約46億円)に達しようとしている今、どこの船主が(このような高値で)発注できるのか」 年明けの5日、商社関係者が電話取材に応じた。1月末の旧正月(春節)を目前にしても、7日時点で日建て用船料が2万5000ドル台の好調を維持するパナマックス市況。それでも、船主は新造船を発注できない。■116円の円安享受 中手船主が足元… 続きはログインしてください。

残り:1726文字/全文:1911文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む