海事アカデミア2022
 印刷 2021年12月28日デイリー版2面

内航カーボンニュートラル検討会、省エネ・代替燃料船 支援

 国土交通省は24日、4月から開催していた「内航カーボンニュートラル推進に向けた検討会」の取りまとめを公表した。内航海運での2030年度の181万トン(13年度比)のCO2(二酸化炭素)排出削減目標の達成に向けては「連携型省エネ船」の開発・普及や、荷主などに省エネ船の選択を促す「燃費性能の見える化」の推進などを目指す方向性を示した。さらに50年のカーボンニュートラル目標に向けては、LNG(液化天然… 続きはログインしてください。

残り:406文字/全文:601文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む