海事アカデミア2022
 印刷 2021年12月28日デイリー版3面

「関西港」協議、関係者 まずは様子見。「どこまで具体的なものか」

 【関西】吉村洋文大阪府知事と斎藤元彦兵庫県知事が両府県内の港湾管理一元化に向けて協議する意向を示したことについて、神戸、大阪各港の関係者はひとまず様子見の様相だ。会議で両知事は大阪湾のベイエリア発展を打ち出したが、コンテナ港湾について「どこまで分かっているのか図りかねる」(港湾事業者)との指摘もあった。(関連記事1面) 会議では、両知事とも大阪湾のベイエリアが持つ潜在能力を引き出したい意向や… 続きはログインしてください。

残り:617文字/全文:811文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む