海事アカデミア2022
 印刷 2021年12月28日デイリー版3面

東海内航海運組合など、協議会を設立。空港沖埋め立てで安全確保

 【中部】東海内航海運組合(理事長=西村譲治・協同海運社長)、中部沿海海運組合(理事長=原弘三・愛知海運社長)、全国内航タンカー海運組合東海支部(支部長=松浦一夫・幸福船舶社長)は22日、「中部国際空港沖公有水面埋立事業安全輸送協議会」を設立した。中部空港の西側・南東側の埋め立て事業について、関連する海上貨物輸送の安全確保と法令順守を図る。中部地方整備局が申請し、5月に愛知県が承認した埋め立… 続きはログインしてください。

残り:328文字/全文:519文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む