海事アカデミア2022
 印刷 2021年12月28日デイリー版1面

IMO・MEPC77、50年のGHGネットゼロ。思惑絡み具体論決まらず

 国際海運の脱炭素化に向け、各国の駆け引きが激しくなっている。11月22日から26日まで開かれたIMO(国際海事機関)の第77回海洋環境保護委員会(MEPC77)では、日本や米国、英国などが「2050年までにネットゼロ」を新たなGHG(温室効果ガス)削減戦略に盛り込むよう提案。同様の目標を決議として採択しようとの動きもあったが、発展途上国やEU(欧州連合)の反対もあり、実現しなかった。各国の思惑が… 続きはログインしてください。

残り:941文字/全文:1133文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む