海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月05日デイリー版4面

新年号 コンテナ物流・港湾編】コロナ禍の国際物流】混乱解消、先行き見えず。運賃1万ドル超え続く

 コロナ禍に端を発した国際物流市場の混乱が長期化し、グローバルサプライチェーンに深刻なダメージを与えている。国際旅客便の大規模減便に続き、2020年半ばからは海上輸送でもスペース・コンテナ不足が悪化。港湾や鉄道などの接続能力がボトルネックとなり、サプライチェーンが「目詰まり」した状態となった。市場の改善見通しも「(21年)旧正月明け」「夏場の閑散期」「国慶節(10月1日)」と、期待されるタイミング… 続きはログインしてください。

残り:4528文字/全文:4724文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む