海事アカデミア2022
 印刷 2021年12月22日デイリー版3面

外貿コンテナ】名古屋港、11月10%増。NUCTが今年最多

 【中部】名古屋港管理組合統計センターがまとめた名古屋港の11月の外貿コンテナ取扱個数(概数)は、輸出入合計・空コンテナ込みで前年同月比10%増の22万1335TEUだった。輸出は7%増の11万3918TEU、輸入は14%増の10万7417TEU。日中・近海航路が中心の鍋田埠頭コンテナターミナル(NUCT)が輸出入とも大幅に増え、今年最多個数を取り扱った。1―11月の累計は前年同期比11%増の23… 続きはログインしてください。

残り:346文字/全文:542文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む