海事アカデミア2022
 印刷 2021年12月22日デイリー版1面

豊通など、LA港で水素燃料 実証。地産地消、荷役機器に利用

 豊田通商と米国法人豊田通商アメリカ(TAI)は21日、米ロサンゼルス(LA)港で、港湾荷役機器とドレージ(コンテナ陸送)トラックの動力源の水素燃料電池化(FC化)と、港湾に特化した地産地消型クリーン水素モデルの実装実証事業を開始すると発表した。三井E&Sマシナリー、同社米国子会社パセコ、日野自動車、同社米国法人との共同事業で、2022年2月から26年3月まで実施する予定。同事業は、新エネル… 続きはログインしてください。

残り:635文字/全文:824文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む