海事アカデミア2022
 印刷 2021年12月17日デイリー版3面

港湾セミナー】阪神港、集貨策や設備投資説明。CNPの現状紹介も

 【関西】阪神国際港湾会社と国土交通省近畿地方整備局、神戸市港湾局、大阪港湾局は16日、阪神港セミナーを神戸市内とオンライン上で開いた。国際コンテナ戦略港湾の阪神港(神戸港、大阪港)について広く発信し、利用を促すのが狙い。最新情報のほか、集貨や環境面での取り組みなどを紹介した。冒頭、阪神国際港湾会社の外園賢治社長はあいさつで「国際貿易、特にコンテナ定期航路の環境は大きな変化と混乱が見られ、先… 続きはログインしてください。

残り:678文字/全文:873文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む