海事アカデミア2022
 印刷 2021年12月15日デイリー版1面

ワンハイ、本牧D―4借受者に。YKIPと契約締結

 台湾船社のワンハイラインズは10日、台湾証券取引所の告示を通じて、横浜川崎国際港湾会社(YKIP)との間で横浜港・本牧D―4ターミナルを借り受ける契約を締結したことを明らかにした。契約期間は10年間で、リース料は約56億円。本牧D―4は現在、CMA―CGMが借り受けており、同社は本牧D―5に移転する見通しだ。欧海事調査会社アルファライナーによると、ワンハイラインズの現在の運航船隊は148隻… 続きはログインしてください。

残り:321文字/全文:516文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む