海事アカデミア2022
 印刷 2021年12月14日デイリー版3面

国が運天港一部施設管理。軽石対策の一環で

 漂流軽石対策を巡り、国が今月10日から沖縄・運天港の港湾施設の一部管理を行っている。海底火山「福徳岡ノ場」の噴火による軽石により、航路・泊地が埋閉し、離島航路の運航に支障が生じており、港湾管理者である沖縄県からの要請を受けて、国が軽石除去の全体調整などを担う。8月に発生した小笠原諸島(東京都)の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火で、鹿児島、沖縄両県の複数の港湾で軽石の漂流・漂着が確認され、フェリ… 続きはログインしてください。

残り:227文字/全文:422文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む