海事アカデミア2022
 印刷 2021年12月14日デイリー版3面

北九州市、物流拠点構想。10年間で民間投資1000億円

 北九州市は9日、「北九州市物流拠点構想」の素案を発表した。素案では、陸海空の結節点周辺エリアを中心にした物流関連施設の集積に加え、各種輸送モードを組み合わせた多種多様な物流ニーズと時代の変化に対応できる街を目指すべき姿として掲げた。また、構想の推進を通じて、2022―31年の10年間で1000億円の民間投資や、60件の物流関連施設の誘致、1600人の新規雇用創出を目指す。北九州港では、10… 続きはログインしてください。

残り:564文字/全文:761文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む