海事アカデミア2022
 印刷 2021年12月08日デイリー版3面

インタビュー 浜松内陸コンテナ基地開設50周年】静岡県コンテナ輸送振興協会理事長・小島泰樹氏、再編検討 将来像見据え

 静岡県西部にあるインランドデポ(内陸通関拠点)「浜松内陸コンテナ基地」は今年、開設から50周年を迎えた。管理・運営を担う静岡県コンテナ輸送振興協会と、海貨4社(アオキトランス、天野回漕店、鈴与、清和海運)の浜松支店は、コンテナ基地の将来像や機能を検証する研究会を立ち上げ、コンテナラウンドユース(CRU、往復利用)推進拠点やコンテナトレーラー隊列走行中継基地などの再編整備案を示している。50周年の… 続きはログインしてください。

残り:1905文字/全文:2099文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む