海事アカデミア2022
 印刷 2021年11月29日デイリー版3面

韓国海洋振興公社、越にコンテナ製造工場。HMMなどと共同で

 韓国海洋振興公社(KOBC)は22日、コンテナの海外調達先の多角化を図るため、ベトナム・ハイフォンにコンテナ製造工場を設立すると発表した。HMMなど国内企業3社との業務提携によるもので、年間10万TEUのコンテナ製造を見込む。世界的なコンテナ不足が長期化する中、コンテナの安定供給を目指す。新工場は韓国ソジンシステムのコンテナ製造工場で、来年1月に竣工予定。エースエンジニアリングが技術面でサ… 続きはログインしてください。

残り:216文字/全文:411文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む