印刷 2021年11月29日デイリー版3面

横浜市、水素SC構築。ENEOSと連携

 横浜市は26日、水素サプライチェーン(SC)構築に向けてENEOSと連携協定を締結したと発表した。カーボンニュートラルポート(CNP)の形成をはじめとする臨海部の脱炭素化や、パイプラインをはじめとする水素供給インフラ整備に向けた検討に共同で取り組み、水素社会の実現を目指す。両者が同日締結した協定では、水素の輸入・貯蔵・供給・利用を促進するためのインフラ整備▽水素の利活用促進に資する活動―に… 続きはログインしてください。

残り:198文字/全文:390文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む