海事アカデミア2022
 印刷 2021年11月29日デイリー版2面

青島サンルイ監修、電解式バラスト処理。初の国際基準採択

 中国船舶集団(CSSC)傘下の青島サンルイ(青島双瑞海洋環境工程)はこのほど、同社が監修した電解式バラスト水管理システムのリスク評価・低減の基準がISO(国際標準化機構)で採択されたと発表した。電解式によるバラスト水処理技術の分野で初の国際基準となる。同基準は2018年に審査がスタートし、IMO(国際海事機関)、各国当局、船級協会、バラスト水処理装置メーカー、第三者検査機関の意見を広く募集… 続きはログインしてください。

残り:183文字/全文:356文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む