海事アカデミア2022
 印刷 2021年11月29日デイリー版6面

海のある風景】三浦アルプスからの東京湾口―現代日本の縮図

 三浦半島(神奈川県)には標高200メートル前後の山脈があり、三浦アルプスと呼ばれる。写真はアルプス近くの田浦梅林から見た横須賀港、東京湾口浦賀水道航路、対岸は千葉である。いろいろな機能が見られる。手前から紹介する。丘陵地に立地する住宅群。横須賀港の米軍と空母。米軍住宅。LNG(液化天然ガス)船。遊漁船。観光港?第二海堡〈かいほう〉(千葉県富津市)。京葉工業地帯。江戸時代、明治時代、戦前、現在と地… 続きはログインしてください。

残り:133文字/全文:265文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む