海事アカデミア2022
 印刷 2021年11月15日デイリー版1面

鉄道・運輸機構、ユーグレナ、バイオディーゼル燃料使用、高速クルーザーで試験航行

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構、河内隆理事長)とバイオベンチャーのユーグレナ(出雲充社長)などは広島・宇品港(広島市)で12日、観光型高速クルーザーにユーグレナの次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を用いた試験航行を行った。通常使用する燃料(軽油)の一部にサステオを混合。試験航行では軽油使用時と同等の性能を発揮できるかなどを確認した。今回の試験は、鉄道・運輸機構とユーグレ… 続きはログインしてください。

残り:405文字/全文:594文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む