海事アカデミア2022
 印刷 2021年11月04日デイリー版3面

4―9月期】東洋埠頭、経常益23%増。露鉄道拡大が寄与

 ◇東洋埠頭 経常利益は前年同期比23%増の10億円。輸入青果物や穀物などの取扱数量が増加したほか、国際でも極東ロシア発の鉄道利用が拡大した。売上高が1%増の176億円、営業利益が15%増の9億500万円。純利益が32%増の7億7200万円。セグメント別動向は、国内総合物流事業は4%減収、営業利益が6%増の7億7000万円。国際物流事業は42%増収、営業利益が2・2倍の1億2800万円。… 続きはログインしてください。

残り:166文字/全文:331文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む