海事アカデミア2022
 印刷 2021年11月04日デイリー版6面

ジャンボフェリー、32年ぶりに新造船。来年9月 神戸-高松航路へ。12日起工

 神戸―小豆島(香川県)―高松間を結ぶジャンボフェリー(神戸市)が内海造船(広島県尾道市)に発注した約5200総トン型新造船が12日に起工する。就航中のフェリー「こんぴら2」(約3700総トン、1989年就航)の代替船で、2022年5月に進水、9月に竣工・就航する予定。同社にとって、新造船の就航は90年以来32年ぶりとなる。同社は、神戸―小豆島―高松航路に「こんぴら2」と姉妹船「りつりん2」… 続きはログインしてください。

残り:478文字/全文:667文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む