海事アカデミア2022
 印刷 2021年11月04日デイリー版4面

名古屋港管理組合、21年度補正予算案、18億円を増額し一般会計390億円

 名古屋港管理組合は10月28日、同組合議会11月定例会に2021年度補正予算案を提出した。一般会計は施設補修費、企画調整費などの追加で17億8600万円増額。補正後の予算を390億円とした。施設補修費は中川運河・飛島埠頭護岸の補修、金城埠頭・稲永埠頭岸壁の補修など、石材高騰や老朽化の影響で3億508万円を追加した。企画調整費は1億3000万円追加。中部空港沖の新土砂処分場整備に関して、漁業… 続きはログインしてください。

残り:176文字/全文:350文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む